シミを防ぐ美白成分とは?

まず、お肌に沁みの出来る仕組みから理解しましょう。最大の原因は、何と言っても紫外線です。人間の肌に限らず、動物も植物も、皆、この紫外線から身を護るために表皮を持って“色”で防いでいるのでした。

私たちの肌を紫外線から守ってくれる色素がメラニンです。人間の表皮が紫外線を浴びると、防衛反応として表皮の細胞がエンドセリンなどの情報伝達物質を作ります。これらがメラノサイトに働き掛けて、メラニンと言う色素を作らせるのでした。これこそが「シミ」の根本原因です。

最初に作られるのが、チロシンと言うアミノ酸でした。次に、メラノサイトにあるチロシナーゼと言う酸化酵素がそれに作用して、たちまちメラニン色素を生成してしまうのです。

和達たちが“美白成分”と呼んでいる物は、前者の情報伝達物質エンドセリンの働きを抑える者か、あるいは後者のチロシナーゼ自体を減らす成分なのでした。主に化粧品に採用されているのは、後者の作用のあるものでした。

厚生労働省が認めている美白成分をご紹介しましょう。アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、カモミラCET,ルシノール、リノール酸、4MSK、マグノリグナン、プラセンタエキス、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、油溶性甘草エキスです。

 

今日は、効果が大人気!女性専用の育毛剤ラフィー(Raffi)はウソ?ホント?に関する詳細情報無料提供サイトのお奨めをご紹介します。発毛を促進!地肌に豊富な栄養と潤いを与える 医薬部外品でした。

 

  • その他のお奨め詳細情報無料提供サイト

噂で大評判!真剣勝負の英会話『eTeacher』口コミ情報

人気のプロテオグリカン配合『プログリペア』の効果

超ミネラルウオーター霧島火山岩深層水・然の効果

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中