認知症と痴呆症の違い

口コミで評判の発毛!AGA大阪発毛センターの効果認知症とは、一定の症状をさしています。認知症や痴呆症と言う病気があるわけではありません。また、両者は同じ症状を言い表していて、以前は痴呆症と称していたものが、近年では認知症と言い換えられるようになったのでした。

これは、痴呆と呼ぶことがボケと言うイメージに繋がり、極めて差別的であるとの批判が高まったことによるものです。痴呆と言う言葉には「愚か」と言う意味が含まれていて、頭の働きの鈍さや未熟な状態、通常の人より劣っているなどの侮蔑的な偏見へと繋がってしまいます。患者や家族の尊厳を護るため、2004年に厚生労働省が検討会を開いて、痴呆症と言う表現を認知症に改めたのでした。日本医師会も、これを遵守するよう指導を続けています。

では、認知症とは一体どんな症状を言うのでしょうか。

行政的な定義としては、『後天的な脳の病気により、正常に発達した知的機能が全般的かつ持続的に低下し、日常生活に支障を生じた状態』となっています。つまり、成長過程で獲得された知能や知識が,何らかの理由で大脳に障害が起こることで、次第に失われてしまう状態をさしています。

老齢となるために発症するものや、事故などによる頭部の損傷、精神疾患や進行性のマヒ、あるいはてんかんやアルコール依存などが引き起こす場合もあるのでした。

認知症は、軽度の記憶障害から始まります。たびたび約束事を忘れる、たびたび物を紛失する、同じレンタルビデオばかり借りてくる、財布の中が小銭で一杯になってしまう、などなど、うっかりと言い切れない状態です。

こんなことに思い当たれば要注意かも知れません。

・食品の賞味期限や消費期限を気にしなくなった。

・夜中に起き出して、寝間着のまま外出しようとした。

・失禁したことに気付かない。

・早朝、病院に行って、昼前に再び同じ病院に行ったことがある。または、食前に飲んだ薬異を食後にも飲んでしまった。

・家の中に他人がいるなどと騒ぎ立てる。あるいは聞こえないはずの音が聞こえている。

・同じ話を繰り返したり、何回も同じ作業をする。

・食べ物以外に興味がなくなった。何ごとも面倒くさがって、うたた寝ばかるりしている。

・些細なことで怒りやすくなった。

・疑い深く、私物やお金を盗まれたと考えるようになった。

・報道番組や新聞記事など、専門的な話をさけるようになった。

 

認知症は、脳全体が委縮するアルツハイマー病や、脳内出血、脳梗塞などの病気によって起こる症状のことです。以前は、家族以外に知られることを怖れて、結果的に「早期発見・早期治療」と言う最善の選択肢を遠ざけて来ました。本人が向き合う姿勢と共に、家族がサポートする環境が大切と言えるでしょう。

 

今日は、痴呆・認知症にサポートメモリープレミアムの効果に関する詳細情報無料提供サイトのお奨めをご紹介します。うっかりや物忘れでお悩みの方に!いつまでも家族に健康でいて欲しい!そんな方におススメ!でした。

 

  • その他のお奨め詳細情報無料提供サイト

女性のむくみ解消効果が大評判!むくらっくの口コミ

口コミで評判の学力向上サプリDr.Dekisugiの効果

口コミで評判の発毛!AGA大阪発毛センターの効果

口コミで大評判!プララの宝石 PLATINUM200の効果

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中