スロージョギングとは?

スロージョギングをご存知ですか。体に無理なく続けられる、とても優しい運動法です。テレビ番組などでも紹介されていますので、ご覧になった記憶があるかも知れません。日本で注目されるようになったのはごく最近ですが、欧米ではかなり前から親しまれてきています。歩くようにジョギングする、とてもユニークな走り方なのでした。

ジョギングでもなく、ウォーキングでもない。いったい、何が高い評価を得ているのでしょうか。答えは、両者の“弱点”を補っている点にありました。

どういうことか。

たしかにジョギングは脂肪の燃焼効率も良く、足腰を鍛えて筋力をつけるという意味では最適です。しかし、もともと膝に不安を抱える高齢者などには不向きでした。より大量の活性酸素を取り込んでしまうリスクも伴います。一方で、ウォーキングの場合はどうでしょうか。無理なく始められて、ほとんどリスクがないという点では安心です。ただ、時間がかかる。最短でも30分、それなりに脂肪を燃焼させるとなれば、さらに長い時間の継続が必要となるのでした。時間に追われる現役世代には不向きです。真夏や真冬など、長時間の外出は、高齢者にとっても大きな負担となるに違いありません。

この両者の弱点を克服しているのがスロージョギングなのです。時間は10分から20分程度。室内でも行えます。脂肪の燃焼効率はウォーキングの1.5倍から2倍もあるとされていて、膝への負担が軽く、高齢者でもリスクをかかえることなく足腰を鍛えられるのでした。

スロージョギングの基本的なポイントをご紹介しておきます。

  • 着地はかかとから。軽く跳ねるように片足ずつ上げます。
  • 普段の歩幅の半歩くらいを、歩く速度よりゆっくり進みます。
  • あごを引き背筋を伸ばして、腕は自然に振る程にして下さい。

持病のある人や、運動を制限されている人は、事前に必ず主治医と相談しておきましょう。また、室内で行う場合も、かかとを保護するシューズなどを履くことがおすすめです。くれぐれも転倒しないよう、障害物のない平坦な場所を選んで、夏場は十分な水分補給を前提に行うようにして下さい。

 

今日は、します。ヤセ菌増やしてデブ菌減らす!腸内フローラのバランスを整えて、カラダの中からダイエット!です。

 

  • その他のおススメ詳細情報無料提供サイト

美甘麗茶 ダイエット効果が口コミで大評判格安情報

ライラック乳酸菌オリゴプラス10日間お試しの効果

ケレキュアネのケア効果が口コミで大評判!通販情報

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中